最低返済額は割合で決まる

プロミスは最低でもこれくらい返済して欲しいという額を決めていますが、固定の数字で決定しているわけではありません。数字は借りている金額の残高に応じて決定され、金額に対して割合で決められることとなります。またこの割合についても、30万円以下と101万円以上で数字が異なり、金額は変化することとなります。

 

30万円以下の場合、3.61%をかけたものが最低返済額となります。ただ中途半端な数字になってしまうと、返済の時に面倒なことが多くなります。そのため1000円単位になるように切り上げが行われ、1000円未満の数字を切り上げて金額が決定されます。計算で1001円となった場合は、2000円が最低返済額となります。

 

こうした返済額の違いを理解しておくことが重要であり、特に借りた場合は計算をしておくことも大切なことです。計算をしてどれくらいの数字が最低返済額となるかを理解しておけば、返済できる金額を自分で決めやすくなります。当然返済額は最低よりも多くすることができるので、返済に余裕があるならどんどん額を増やした方がいいです。

 

プロミスは固定で最低返済額を決めているのではなく、借りている金額に対して2%から3.6%の割合で決められることとなります。覚えておくと返済がより楽になることもあります。

 

即日融資で借りられるからと借りすぎると、返済が苦しくなります。プロミスをすぐ借りる即日融資で利用するとしても、返済計画はしっかりと立てておきましょう。